装丁の仕事_2007年発行の出版物から(Part_2)


あいうえおパラダイス
二宮由紀子 文
「あ」…高畠純 絵  「か」…市居みか 絵
「さ」…あべ弘士 絵 「た」…センガジン 絵
(理論社)
表紙のフォーマットは、絵を生かすためにゆるい感じにしました。
本文の書体も、あえて統一していません。
まだまだ、続きます。




リバウンド
E・ウォルターズ 作 小梨直 訳 深川直美 画(福音館書店)

担当編集者の方のアイディアで、
ジャケットに透明のフィルムを利用することになりました。
それを生かすため、
重なりの部分を工夫しました。
フィルムの微妙な製本上のズレ、
少なく製本されていると思いますが、
それを吸収するために、
欧文タイトルは縁どりをし目立たないようにしています。


いる いる だあれ
岩合日出子 ぶん 岩合光昭 しゃしん(福音館書店)

シルエットの動物が何か、ページをめくるとわかる構成。
リズミカルなテキストで楽しく読める本です。


トイレのおかげ
森枝雄司 文・写真 はらさんぺい 絵(福音館書店)

クリスマスに飾る人形の中にうんちをしているかっこうをした
「カガネー」があります。
これに出会ったのをきっかけに、
興味深いトイレの話を探してあちこちへ。
1996年12月号の「たくさんのふしぎ」の単行本です。
表紙の人形の多くは新たに撮り直して構成しています。


おえかきウォッチング
なかがわちひろ(理論社)

子どもの絵の興味深い世界をわかりやすく解説した本です。
個人的には、お父さん、おかあさんだけではなく、
子どもに絵を教える立場にある人に読んでもらいたいです。
装丁は、仮フランス装にしています。
Webで連載されたものを単行本化したものですが、
横組みを縦組みに構成し直しました。
2月から始めて、10月にできあがりました。


ユーリーとソーニャ
アンリ・トロワイヤ 作
山脇百合子 訳 太田大八 絵(福音館書店)

色においても、
太田さんの絵にあわせて、まとめました。


初心者のための分子モデリング
A. ヒンチリフ 著 江崎俊之 訳(地人書館)

欧文タイトル、数式は立体的にしていますが、
あまりこちらが目立つと日本語タイトルが見づらいので、
背景に馴染むようにしました。


月刊たくさんのふしぎ 2008年2月号
「じゃがいものふるさと」
山本紀夫 文・写真(福音館書店)

表紙だけではなく、本文ページのレイアウトも行っています。


ゆうびんやさん おねがいね
サンドラ・ホーニング 文 バレリー・ゴルバチョフ 絵
なかがわちひろ 訳(徳間書店)

「ひとりぼっち?」も場合もそうですが、
絵本の描き文字は
手描きのものをスキャンしてパソコンに取り込んだり、
パソコンにある文字をベースに手描きの文字をおこしたり、
行ったり来たりしながら仕上げます。


はたらきもののトラック、キング
松本州平 作・絵(徳間書店)

タイトル文字は細かいところで遊んでいるのですが、
この大きさの書影ではわかりにくいかもしれません。


ひとりぼっち?
フィリップ・ヴェヒター 作・絵
アーサー・ビナード 訳 (徳間書店)

書影は大きくなっていますが、小さくてかわいい本です。


青いチューリップ、永遠に
新藤悦子 作 小松良佳 絵(講談社)

『青いチューリップ』の続刊です。
二冊並べたときの違和感が少ないように
気をつけたつもりです。