カザ・ブファルイ(Casa Bofarull, Els Pallaresos, 1914)

  アルス・パジャレゾスでは、ひときわ存在感のある建物。
依頼主の経済状況に応じて、
毎年、少しずつ修復していったという。

ルネッサンス風の回廊の下は、
大きく緩やかなアーチになっている。

 
  塔の屋根には、皿やワインを飲むための器が
破砕タイルとともに貼り込まれている。
避雷針の役目をする天使の像。
 
 

農家の納屋に残っていた古い農機具を用い、
ドアの装飾を行っている。

バルコニーの下に描かれた装飾は、
美しい曲線を描く。

 
  壁の中央部にある装飾部分。
この部分も、使わなくなった農機具を用いたコラージュ。

ジュジョールの手にかかると、古い農機具までも、
生き生きとした曲線を描いてよみがえる。

 
  回廊部分の壁の色は空のような青。
地味なようで大胆な建物なのかもしれない。

カザ・アンドレウ(Casa Andreu, Els Pallaresos, 1920)

小さな村のなにげないところに存在する
ジュジョールの作品。

 
  ドアの装飾のディテール。

カザ・スレー(Casa Sore, Els Pallaresos)

窓の鉄柵のデザイン、ジュジョールならでは。

 

taller de disseny_Home
josep maria jujol_index
記事・写真の転載禁止 photos by Yuji Morieda