著作リスト

【主要著書】
『国境貿易』(弘文堂 1984)
『マイ・アーオ ヘロイン、やめさせて』(JICC出版局 1984)
『食は東南アジアにあり』(弘文堂、星野龍夫と共著1984 文庫版、筑摩より1995)
『食は韓国にあり』(弘文堂、朝倉敏夫と共著 1986)
『全アジア麺類大全』(旺文社文庫 1986)
『世界の子どもたち、ビルマ』(偕成社 1986)
『食の旅、アジア』(TBSブリタニカ 1987)
『アジアは美しい』(竹書房 1987)
『虫瞰図で見たアジア』(徳間書店 1988)
『カレーライスがやってきた』(福音館書店 1988)
『食の文化フォーラム:外来の食の文化』(ドメス出版、共著、熊倉功夫、石毛直道編、1988)
『カレーライスと日本人』(講談社現代新書 1989)
『東南アジア食紀行』(徳間文庫 1989)
『森枝卓士のカレー三昧』(雄鶏社 1989)
『東方食見聞録』(徳間文庫 1990)
『アジアラーメン紀行』(徳間文庫 1990)
『森枝卓士のラーメン三昧』(雄鶏社 1991)
『森枝卓士の酒肴三昧』(雄鶏社 1992)
『世界のインスタント食品』(徳間文庫 1993)
『味覚の探究』(河出書房新社1995、中公文庫1999)
『世界のお菓子紀行』(ちくま文庫 1995)
『森枝卓士のカレー・ノート』(雄鶏社 1995 集英社文庫1999)
『図説東南アジアの食』(河出書房新社 1997)
『ヨーロッパ民族食図鑑』(ちくま文庫 1997)
『ワインを飲みにオーストラリア』(早川書房 1997)
『手で食べる?』(福音館「たくさんのふしぎ」 1998/5)
『アジア菜食紀行』(講談社現代新書 1998)
『日本食紀』(中央公論社 1998)
『アジア道楽紀行』(ちくま文庫 1999)
『図説チーズの文化誌』(編著 河出書房新社 1999)
『私的メコン物語』(講談社文庫 1999)
『食べもの記』(福音館書店 2001)
『TETSUYA』(Harper Collins Pub. Sydney,Australia 2001/5)
『どうしてお酒のむの?』(福音館書店「たくさんのふしぎ」2002年3月号)
『すし・寿司・SUSHI』(PHP新書 2002/2)
『日本一の朝ごはん』(雄鶏社、日曜日の遊び方シリーズ 2002/3)
『週末はヴェジタリアン』(ちくま文庫 2002年11月刊)
『デジカメ時代の写真術』(NHK出版 生活人新書 2003/7)
『華麗なる食卓 美味なるレシピ編』(集英社 2003/8)
『新・食文化入門』(弘文堂 編著)
『考える胃袋』(石毛直道氏と共著 集英社新書)
『世界の食文化(4)ベトナム・カンボジア・ラオス・ミャンマー』 (農文協 2005)
『旅、ときどき厨房』 (ポプラ社 2005/4)
『食べてはいけない!』 (白水社 2007/11)
『日本の「伝統」食』 (角川SSC新書 2008/7)
『世界の食事おもしろ図鑑』(PHP研究所 2009/2)
『図説 世界100の市場を歩く(ふくろうの本)』(2009/9)
『食の冒険地図〜交じりあう味、生き延びるための舌〜』(2009/10)

※多くの本はふつうに本屋で買える、はず。あるいはアマゾンのサイトからでも。一部、絶版になっているものは、古本屋のサイト(アマゾンにも一部、あります)から探して下さい。たとえば日本の古本屋(東京都古書書籍商業協同組合)などで。

●学者による論集などへの参加
『東南アジア、自然のめぐみ』
(亜細亜大学アジア研究所、アジア研究所叢書、高殿良博、吉田よし子等と共著。1990)
「東南アジアの都市化と外食」
(石毛直道監修、講座食の文化、第一巻『人類の食文化』所収)
「東南アジアの食文化」
(福井勝義企画編集、講座人間と環境、第六巻安本教傳編『食の倫理を問う』所収)など。
「食卓の変容」 シリーズ「アジア新世紀」 第四巻 『幸福−変容するライフスタイル』(四方田犬彦他編 岩波書店 2003年)所収